• ウェブマガジン旅色の長野グルメ&観光特集に紹介されました
  • 新規会員登録
  • 読売新聞で甘酒ミルクが紹介されました
  • お鍋であったか調味料セット (生姜しょうゆだれ、味噌ポン酢だれ、ねぎだれ、塩レモン×2)
  • 冷やし甘酒

商品カテゴリー

  • 漬物の素
  • あま酒
  • 信州味噌
  • 徳用味噌
  • 野沢菜漬け
  • みそ漬け
  • 本物漬物
  • 浅漬漬物
  • なめみそ
  • ドレッシング・たれ・ポン酢
  • ご飯のおかず
  • ジャム
  • 信州小梅
  • 育てる味噌
  • こだわり七味
  • おすそ分け袋
  • ギフト
  • ギフト
  • 蔵元のレシピ
  • フードプロデューサー・料理研究家 MICHIKOのレシピ
  • 朝食にあると嬉しいランキング
  • 食べて健康ランキング
  • 身体に優しい人気甘酒ランキング

モバイルショップ

QRコード

http://www.raizaburou.jp

スマートフォンからでも
商品をお買い求めいただけます。

  • facebook

2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
5000円〜 > 田舎づくり味噌 10kg

田舎づくり味噌 10kg

商品名 田舎づくり味噌 10kg

価格5,184 円 (税込)
ポイント : 155pt
数量

商品説明


〔価格改定対象品〕平成28年8月より価格改定しております。
 
原材料名 大豆(遺伝子組み換えでない)、米、食塩、酒精
内容量 10kg
賞味期限 常温180日
保存方法 直射日光を避け、冷暗所にて保存してください。

★商品特徴
 ・大豆はアメリカ、カナダ産
 ・米はアメリカ、オーストラリア産
 ・塩は国産
 ・塩分12.5%



田舎味噌は味噌蔵の中を暖めることで完熟醸造味噌よりも早く熟成させた味噌です。特徴は下記の完熟醸造味噌に近い味噌になります。
早期熟成させていますが木桶で仕込み、天地返しを行う製法は変わりません。

 
 
◆信州の味噌
創業八十年、伝統の味噌桶と職人技で造り上げた自慢の信州味噌。
信州飯田で、創業より八十年間守り続けてきた木桶仕込みでの味噌造り。時間をかけじっくりと煮熟した大豆と、2度蒸しをしたお米を通気性の良い木桶で仕込みました。
直営店稲垣来三郎匠「おにぎり亭」にて撮影
完熟醸造味噌
熟成が進んだ褐色でコクのある味噌
天地返し −てんちがえし−
寒暖差の大きい伊那谷の気候の中で、じっくりと熟成させる完熟醸造味噌。その発酵の途中、職人の手で味噌桶の味噌を別の味噌桶へ移す作業「天地返し」を行います。大変な労力を要しますが、発酵の力が強くなり、旨味が多い味噌に仕上がります。
糀味噌
きれいな山吹色と上品な甘さ
追糀 −おいこうじ−
熟成させた味噌にさらに米糀増す技法「追糀」は、職人の手で一日がかりの作業です。味噌が熟成する際には酵素の働きで米糀の甘味成分は分解されます。この「追糀」を行うことで米糀の甘味を残す、色が良い糀味噌に仕上がります。
味噌造りのこだわり

煮熟 −蒸し−
味噌造りは原料を煮る(蒸す)ことから始まります。この煮る(蒸す)作業によってお味噌の味・色・香りに差が出るのです。
まず大豆は高温の蒸気で一気に蒸してしまうことが出来ますが、私どもでは大量の地下水を使い時間をかけて煮熟しています。こうすることで大豆の色・旨みが生きた上質な煮豆が出来るのです。
さらに糀造りでは、二度蒸しをすることで、ほのかに焼き栗の香りがする上質な米糀を造っています。


木桶仕込み
創業より続く伝統の木桶仕込み味噌。約4トンの味噌を熟成させる木桶は、高さ190cm、直径220cmで、底は桧、周りはさわらで出来ています。通気性のある木桶の中で、伊那谷の風と木桶に棲む酵母たちによって、風味の良い味噌が熟成されていくのです。

蔵ぐせ
味噌は同じ原料と方法で造られても、造られる蔵によって味が異なります。蔵によって棲みついている酵母が微妙に異なるためです。これを「蔵ぐせ」と言います。
この蔵ぐせは、造り手の理念によって大きく影響されます。「味噌汁を煮直しても風味がだれない、腰のあるしっかりした味噌を造る」。丸昌稲垣の味噌蔵には受継がれてきた理念が宿っています。
味噌工場
飯田市上郷黒田の味噌工場 味噌桶
飯田市上郷黒田の味噌工場には一号から十六号までの味噌蔵があります。
写真に映っているのは公開している一号蔵です。道を挟んだ写真右手には直営店の稲垣来三郎匠があり、店舗スタッフが味噌蔵のご案内をしています。
味噌蔵見学 10:00〜17:00 要予約
(TEL:0265-56-1550)
味噌蔵内は香ばしい味噌とたまりの香りが充満しています。味噌は熟成することでだんだんと膨らむため重石が置かれます。桶に付着している物は味噌からこぼれ出たたまりです。堅く結晶化してしまうこの塊は、味噌が熟成された証といえます。味噌の熟成が終わるときれいに洗浄され、新たな味噌が仕込まれます。
 
◆こちらの商品もいかがですか?
中千成味噌 完熟糀10kg
民芸甘酒360g×30袋
ストレート甘酒ビン300g×12本セット
野沢菜来三郎漬300g×10袋セット

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

入力された顧客評価がありません。

  • 2015/03/01 00:00:00
    2015/03/05 03:59:00
    全品10%FF
  • お取り寄せ手帖に掲載されました