• ウェブマガジン旅色の長野グルメ&観光特集に紹介されました
  • 新規会員登録
  • 読売新聞で甘酒ミルクが紹介されました
  • お鍋であったか調味料セット (生姜しょうゆだれ、味噌ポン酢だれ、ねぎだれ、塩レモン×2)
  • 冷やし甘酒

商品カテゴリー

  • 漬物の素
  • あま酒
  • 信州味噌
  • 徳用味噌
  • 野沢菜漬け
  • みそ漬け
  • 本物漬物
  • 浅漬漬物
  • なめみそ
  • ドレッシング・たれ・ポン酢
  • ご飯のおかず
  • ジャム
  • 信州小梅
  • 育てる味噌
  • こだわり七味
  • おすそ分け袋
  • ギフト
  • ギフト
  • 蔵元のレシピ
  • フードプロデューサー・料理研究家 MICHIKOのレシピ
  • 朝食にあると嬉しいランキング
  • 食べて健康ランキング
  • 身体に優しい人気甘酒ランキング

モバイルショップ

QRコード

http://www.raizaburou.jp

スマートフォンからでも
商品をお買い求めいただけます。

  • facebook

2017年 08月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フードプロデューサー・料理研究家 MICHIKOのレシピ

レシピ提供:山本 美智子

あさりのみそ汁

画像

旬は春、身が太ったあさりを使った味噌汁♪
みつばの香りが、あさりの味わいを引き立てます♪
あさりからたっぷりのうま味がでるので、水でOK、出しいらず♪
お味噌汁は究極のインスタント、手間いらず♪

★ キーワード

作り方

1 あさりはよくこすり洗いする。三つ葉は3cm幅に切る。

2 鍋に水とあさりを入れて火にかけ、口が開き始めたら、味噌を溶き入れる。

画像

3 器に盛り、三つ葉をちらす。

  • あさりのアクガ出れば、取り除きましょう。
    貝のふたが空けば、大丈夫。煮すぎると貝が固くなるので、気をつけましょう。コツは、貝のふたが空き切らないうちに味噌を溶き入れ始めること!
  • 春は、うま味成分のコハク酸が増加します。全体食ですから、バランスのよい栄養を丸ごといただけます。
  • 春は潮干狩り等の季節! 
    たくさん手に入ったら、きれいに洗って、水気をふきとり、冷凍しましょう。
    沸騰した湯に凍ったままいれれば、美味しくいただけますよ。冷凍だって、ふっくら!

    画像
  • 味わいについて
    具材やお味噌によって、味わいは変わるもの、お水を足したり、味噌を加減して、自分好みの美味しさに作り上げましょう。

材料(2人分)

あさり 200g
みつば 適量
   
●水 500cc
 天然醸造味噌 大さじ1 と1/3
 完熟糀味噌 大さじ2/3

★ ポイント

貝の生臭さを消すために、お味噌は天然醸造が少し多め!

レシピ一覧へ