• ウェブマガジン旅色の長野グルメ&観光特集に紹介されました
  • 新規会員登録
  • 読売新聞で甘酒ミルクが紹介されました
  • お鍋であったか調味料セット (生姜しょうゆだれ、味噌ポン酢だれ、ねぎだれ、塩レモン×2)
  • 冷やし甘酒

商品カテゴリー

  • 漬物の素
  • あま酒
  • 信州味噌
  • 徳用味噌
  • 野沢菜漬け
  • みそ漬け
  • 本物漬物
  • 浅漬漬物
  • なめみそ
  • ドレッシング・たれ・ポン酢
  • ご飯のおかず
  • ジャム
  • 信州小梅
  • 育てる味噌
  • こだわり七味
  • おすそ分け袋
  • ギフト
  • ギフト
  • 蔵元のレシピ
  • フードプロデューサー・料理研究家 MICHIKOのレシピ
  • 朝食にあると嬉しいランキング
  • 食べて健康ランキング
  • 身体に優しい人気甘酒ランキング

モバイルショップ

QRコード

http://www.raizaburou.jp

スマートフォンからでも
商品をお買い求めいただけます。

  • facebook

2017年 06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
2017年 07月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

フードプロデューサー・料理研究家 MICHIKOのレシピ

レシピ提供:山本 美智子

新じゃがと菜の花の味噌汁

画像

旬の新じゃがと春の香りの菜の花を楽しもう♪
菜の花の苦みを新じゃがの甘みが消してくれますよ♪
ビタミンCたっぷりの野菜でお肌もピカピカ♪
コクたっぷりの煮干しを使った味噌汁♪

★ キーワード

作り方

1 新じゃがは、水につけて皮をふやかし、包丁で皮をこそげ取り、小さめの一口大に切る。(大きめの物は皮をむきましょう)
みつばは3cmの長さに切る。煮干しは、頭とはらわたをとる。

2 鍋を熱して、煮干しを入れ乾煎りし、水を注ぎ、じゃがいもを入れて煮る。

3 じゃがいもがやわらかくなれば、味噌を溶き入れる。

画像

4 器に盛り、みつばを散らす。

  • じゃがいもは一年中、食卓にあがりますが、春のほんのわずかな時期だけ出回る新じゃがを使ったお味噌汁です。
    新じゃがは皮が薄くて、みずみずしくて、新じゃがの方がビタミンCも豊富。
    じゃがいものビタミンCは、でんぶん質に包まれているので、熱に壊れにくいのが特徴です。
  • 小さな黄色い花をつける菜の花、ほんのりとした独特の苦みが特徴です。咲く寸前のつぼみが美味しい野菜です。
    栄養素も野菜の中ではトップクラスの含有量、ビタミンC、B1、B2、カルシウム、カリウム、食物繊維、女性時に不足しがちな栄養素も豊富。
    乾燥に弱いので、ビニール袋などに入れ、立てて冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。
  • 煮干しの使い方
    煮干しのうま味はかつお節と同じイノシン酸です。
    煮干しは、魚を煮て干したもので、味・香り・旨味が濃い汁ができます。

    画像

    煮干しは、頭とはらわたをとると、魚の臭みがとれます。今回は簡単に、乾煎りして、風味とコクをアップいたしました。
  • 具材やだし、お味噌によって、味わいは変わるもの、お水を足したり、味噌を加減して、自分 好みの美味しさに作り上げましょう。

材料(2人分)

新じゃが(小) 4個
みつば 適量
   
●水 500cc
 煮干し ひとつかみ
 天然醸造味噌 大さじ2/3
 完熟糀味噌 大さじ1と1/3

★ ポイント

春キャベツの甘味を引き立てる完熟糀味噌を多めに!

レシピ一覧へ