• ウェブマガジン旅色の長野グルメ&観光特集に紹介されました
  • 新規会員登録
  • 読売新聞で甘酒ミルクが紹介されました
  • お鍋であったか調味料セット (生姜しょうゆだれ、味噌ポン酢だれ、ねぎだれ、塩レモン×2)
  • 甘酒2種飲み比べ
  • 味噌漬けお試しセット
  • 味噌食べ比べセット
  • 冷やし甘酒

商品カテゴリー

  • 漬物の素
  • あま酒
  • 信州味噌
  • 徳用味噌
  • 野沢菜漬け
  • みそ漬け
  • 本物漬物
  • 浅漬漬物
  • なめみそ
  • ドレッシング・たれ・ポン酢
  • ご飯のおかず
  • ジャム
  • 信州小梅
  • 育てる味噌
  • こだわり七味
  • おすそ分け袋
  • ギフト
  • ギフト
  • 蔵元のレシピ
  • フードプロデューサー・料理研究家 MICHIKOのレシピ
  • 朝食にあると嬉しいランキング
  • 食べて健康ランキング
  • 身体に優しい人気甘酒ランキング

モバイルショップ

QRコード

http://www.raizaburou.jp

スマートフォンからでも
商品をお買い求めいただけます。

  • facebook

2017年 05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2017年 06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

フードプロデューサー・料理研究家 MICHIKOのレシピ

レシピ提供:山本 美智子

新玉ねぎとさやえんどうのみそ汁

画像

新玉ねぎとさやえんどう、春野菜の甘味をたっぷり楽しむお味噌汁♪
冬の間に溜まってしまった毒素や老廃物をデトックスしてくれる春野菜♪
だしパックを使って手軽に、おいしい出汁があれば、深い味わいが楽しめます♪

★ キーワード

作り方

1 玉ねぎは1cm幅のくし型に切り、さやえんどうは筋をとる。

2 鍋に湯を沸騰させ、だしパックを加えて5分ほどを弱火で煮る。

画像

3 △剖未佑を入れて、サッと煮る。さやえんどうと味噌を溶き入れて、ひと煮たちさせ、 器に盛る。

  • 新玉ねぎの目にしみる辛み成分は硫化アリルといいます。血液をサラサラにしてくれるとか…。
    この硫化アリル、水にさらすと流れ出てしまうので、サッと洗うようにしましょう。お味噌汁だと、流れた栄養素もいただくことができます。
  • さやえんどうは、ガクがピンとして白いヒゲがあり、緑色が鮮やかなものを選びましょう。
    女性には嬉しいシミやしわを防ぐ効果もあるといわれています。
  • だしパックの使い方

    鰹、昆布、乾しいたけ、出しの最強コンビが入った「だしパック」を使いました。それぞれのだしパックによって、煮だす時間などが違うので、袋の表示に従いましょう。

    具材やだし、お味噌によって、味わいは変わるもの、お水を足したり、味噌を加減して、自分 好みの美味しさに作り上げましょう。

    画像

材料(2人分)

新玉ねぎ 1/2個
さやえんどう 10枚
   
●水 500cc
 だしパック 1袋
 天然醸造味噌 大さじ1
 完熟麹味噌 大さじ1

★ ポイント

春野菜の甘味を引き立てるために、
お味噌は1:1に!

レシピ一覧へ